1万円以上かけて作ったイビキ用マウスピース。しかし…

何年か前から朝目覚めがスッキリしなかったり、疲れが残っていたりしていました。日中に眠くなることもたびたびあり、気になっていました。

テレビで「睡眠時無呼吸症候群」というのがやっていました。もしかしたら私も当てはまるかもと思い、スマホボイスレコーダーを使い睡眠中の音声を録音してみました。

録音した音声を聞くと、ところどころでイビキをかいていました。自覚はまったく無かったのでショックでした。

何か対策はないかと調べてみると、イビキを軽減させるマウスピースがあることを知りました。

イビキは、寝たときに下アゴが下がりノドをふさいでしまうことが原因です。このマウスピースは下アゴが下がるのを防止してくれて、イビキをやわらげることができるというものです。

実際に作ってもらいました。

 f:id:uezo123:20170701131349j:plain

 

作成するときの流れを以下に説明します。

①耳鼻科でイビキの診断を受ける。

 耳鼻科に診察を受けに行き、身に感じていることを話します。「充分に睡眠をとっても眠気が取れない。昼間ねむたくなる」などの症状を相談しましょう。

イビキがどの程度のものか検査するため、小さな専用の装置を貸し出してもらえます。この装置を眠るときにつけ、呼吸や脈拍などを記録します。

睡眠時のデータを記録し終わったら装置を返却し、後日診断を聞きに行きます。

いびきの度合いによって処置の方法が変わりますが、軽度のものであればマウスピースを作成するという話になるかと思います。その際、歯医者への紹介状を書いてもらえます。

マウスピースはどこの歯医者でも作れるものではないです。事前にどこの歯医者で作ることができるか調べておくといいです。

 

②歯医者に行きマウスピースを作ってもらう

 耳鼻科でもらった紹介状を持って行き受付をします。あらかじめ電話で予約しておくと待ち時間が少なくスムーズです。

 歯のレントゲンをとったり、歯型を作ったりします。

 後日出来上がったマウスピースを受け取り、終了です。

 料金は保険適用で、1万円くらいでした。

 

 

実際使用してみての感想

マウスピースを取り付けると下アゴが前に出っ張ったようになります。寝ると、下アゴが上がった状態になります。そしてイビキの軽減になるのですが、私にはあまり効果がなかったです。

それどころか、朝起きると歯が前歯痛いんですね。マウスピースで上下の歯は固定されて、上の前歯に負担がかかり、痛みがありました。せっかく費用と手間をかけて作りましたが、私にとっては効果がなく一週間もしないうちに使用をやめました。

 

イビキの根本的な改善はノドについた脂肪を減らすことなので、今ダイエットしています。

それとイビキの応急処置があります。それは横向きに寝ることです。下アゴが下がらないようにすればいいので効果はあります。

 

ソニーストアでミラーレス一眼のクリーニングをしてもらいました!

2~3年前にソニーのミラーレス一眼を購入しました。大事に使っていたのですが、ここ最近に撮った写真に黒い斑点のようなものがあることに気づきました。

最初はたまたま何かが映りこんでしまったかと思ってましたが、ちがう場所で撮ったものにも同じ部分に黒い円状のものが映ってました。

 

購入した時からレンズプロテクターをはめているので、そちらによごれが付いていると思い、ブロアーのエアーを吹き付けてクロスで拭きました。結果は変わらずでした。

今度はプロテクターを外し、大元のレンズを同様に清掃しましたが変わらず。

 

残る原因は「カメラ内部のイメージセンサーにゴミがついている」、あるいは「レンズにカビが生えてしまった」かです。

私は素人ですので、どちらが原因でも対処が難しいです。

 

悩んでいてもしょうがないので、プロの方に聞いてみようと判断しました。

私が行った先はソニーストア名古屋店です。(栄のロフト近くにあります)

 

カメラを見てもらったところ、イメージセンサーが汚れているとのことでした。クリーニングすれば改善すると言われたので、クリーニングをお願いしました。

内部のクリーニングだけであれば費用は1,000円(税抜)です。カメラを購入して1年以内であれば確か無料だったかと思います。

 

さっそくお願いして清掃してもらうことにしました。所要時間はたしか50分前後だったかと思います。清掃の間、ロフトでお店を周り時間をつぶしました。

 

清掃後、下のような用紙で清掃する前と後でどれくらい綺麗になったかが分かります。

 f:id:uezo123:20170625163123j:plain

 

実際、写真を撮って確認すると黒い斑点はなくなってました。

プロの方にまかせて良かったなと思います。応対も親切丁寧でした。

 

カメラクリーニングをされる方はあらかじめ電話で予約を取っておくとスムーズです。

 

すい炎で1週間くらい入院して絶食をしていたときの話

今からおよそ20年前の20代のとき暴飲暴食を繰り返していた時期があり、そのときにすい炎になりました。

胃の裏側にある臓器、すい臓。そのすい臓が炎症を起こし(はれ上がり)、何もできなくなるくらいの激しい痛みになるのがすい炎です。

 

そのときのこと、みぞおちに痛みを感じるようになりました。その痛みはだんだん激しい痛みになり、最後には熟睡もできないくらいの強い痛みになりました。

 

その次の日、朝一番で病院に行きました。胃カメラやレントゲンなどの検査を受けました。

診断の結果すい炎とされ、すぐさま入院・絶食が始まりました。(絶食というのは何も食べても飲んでもいけないことです)

現在の治療法は分かりませんが、私の治療の場合、すい臓を休ませることでした。すい臓は食べ物や飲み物の消化を助ける働きをしています。ですので、すい臓を安静にするため絶食が必要とのことでした。

 

病室につれていかれ、点滴をつけられました。銀色のポールに点滴がぶら下がり、その管が私の腕につながっている状態。ドラマでしか観ることのなかった光景。あらためて自分が良くない状況だとわかりました。

 

入院した一日目は朝食を食べてこなかったのもあり、空腹とのどの渇きでつらかったと記憶しています。しかし2、3日たち、空腹感がうすれてきてつらさもなくなりました。

どうしてそうなったのか分かりません。点滴に空腹感をおさえる効能が含まれていたのかもしれません。

何も食べたり飲んだりしなくてもいい、という感覚はいま考えても不思議な感じでした。

 

入院生活はとても退屈で、やることと言ったらテレビを見たりマンガをよんだりすることでした。外出は原則禁止で、一日一日がとても長く感じました。入院してたころにスマホな無かったですが、スマホがあったとしても飽きてしまうくらい時間が有り余っていました。

 

入院して5日が過ぎ、すい臓を再検査しました。回復も良好でその日から食事がでることになりました。うろ覚えですが、出てきた食事はおかゆなど消化にいいものでした。

 

そこから2、3日過ぎて退院できることになり、もとの生活に戻ることができました。家に帰ってあらためて鏡を見るとやつれている自分の姿が…。筋力もおとろえ、最初は自転車に乗るのもしんどかったですね。普段通り生活していったら体はもとに戻りました。

 

入院の費用は10万円くらいかかったと記憶しています。このときの教訓は一生忘れません。

暴飲暴食やアルコールの飲みすぎなどですい炎にかかる恐れがあります。みなさまもご注意を。

最近ニトリで買ったもの

 家にある家具はニトリでそろえています。お値段がお手頃で品質が良いのでついつい色んなものを買ってしまいたくなってしまいます。

 

この頃買ったものを紹介したいと思います。

まず「エコオアシス」というカーテンを買いました。

f:id:uezo123:20170618204443j:plain

今まで使っていたカーテンがくたびれてきて、新しいものがほしかったので。

このエコオアシスは部屋の気温を保つのを助け、花粉などのアレル物質にも有効です。

私は花粉症なのでこういう機能があると非常に助かります。

そのほかUVカットの機能があり、オールシーズン使える強い味方になりそうです。

価格は3,490円(税込)です。

 

それから「あたまも支える抱きまくら(ポリヌード)」と、「あたまも支える抱きまくら(NクールT)」も買いました。

f:id:uezo123:20170618204438j:plain

抱き枕を購入したのは初めてですが、なぜ買おうかと思ったかと言うとこの独特な形状が目を引いたからです。使ってみた感想はリラックスでき、睡眠へと導入してくれます。

暑くなる時期、枕カバーは冷感素材のもがおすすめです。抱きしめていてもそこまで暑苦しくないですね。

 

価格は、「あたまも支える抱きまくら(ポリヌード)」が1,690円(税込)。

あたまも支える抱きまくら(NクールT)」が1,290円(税込)です。

空腹感なし! つらくないダイエット「低インシュリンダイエット」やってます。

もう肌を出す時期になり、体型を気にし始めてます。ああ、ダイエットしないとな~と思うこの頃。

ダイエットというと食事制限やリバウンド、空腹感と戦わないといけなく、かなりつらいもの。

でもこの頃「低インシュリンダイエット」というものを知りました。このダイエットは糖質を制限して満腹感を得ながらダイエットできるので比較的つらさはないです。

 

むかしの考えでは、体にはいったカロリーを運動で使いきれないのでドンドン体にカロリーがたまり、太ってしまうという考えでした。

しかしこの低インシュリンダイエットの考え方はカロリーをまったく考えません。

太る理由は、食事の時の急激な血糖値の上昇です。つまり血糖値の上昇をゆるやかにすれば太らないというやり方です。

食品の種類や食品を食べる順番を正しくすることで、やせる習慣を身につけるものです。

 

注意するおもな食品は、穀類です。白いお米、うどん、食パンなどが太る原因です。日常的に食べている主食なので驚きですよね。その代わりに食べられる主食は、発芽玄米、ライ麦パン、そばです。

 

ポイントとして、食事の順番もあります。初めに野菜やきのこなどの食物繊維を食べます。食物繊維は血糖値の上昇をおさえてくれます。酢の入ったドレッシングも効果的です。

 

 

以上のような食事のしかたで、血糖値をゆるやかにすれば空腹感なしで体重を落とすことができます。つらい食事制限は体に悪く続かないので、低インシュリンダイエットはいい方法だと思います。

会社の健康診断! バリウムとかやっぱ苦手

先日、会社で健康診断がありました。健康診断というと私は二つ苦手なものがあります。

それは血液検査とバリウムです。笑

血液検査はご想像通り、腕に針を刺されるのが苦手ですね~。痛みも嫌ですし、針をさされるところを見るのも嫌ですね。実は数年前までは目をつぶっていたくらいです。今はそ~っとなら見れます。

バリウムは飲むのは割と平気です。むかしのことは分からないですが、今は味をつけてるんですかね? もともとの味は分かりませんが、飲むヨーグルトのような感じです。

バリウムの検査で苦手なのは検査台に乗り、体をいろいろな角度にさせられるのがきついですね(笑)。ゲップしてはいけないと言いますが、これでは出てしまいます。

 

バリウムというと数年前、苦い思い出があります。バリウムの検査をする前日22時以降は何も食べてはいけないですし、水も飲んではいけないとのこと。

それは知っていましたが、その検査当日うっかりしていて朝食を食べてしまいました。

正直に朝食をたべたことを先生にいうと、軽く注意されました。「健保のお金でやっているので、そういうことをされると助成金がでなくなりますよ」と言われました。

とても申し訳なくなりましたね…。ちなみにその日のバリウム検査は受けれませんでした。

 

綺麗なお話ではありませんが、バリウムを飲んだ後は比較的早く排泄をする必要があります。検査の時に下剤も飲みますが、便秘気味の人は下剤を余分にもらうといいです。私は便秘気味なので余分にもらってます。

排泄を早めるためには水やお茶などの水分や、食物繊維を含む野菜などを食べるといいです。

 

はじめまして!

ブログはじめてみました。

旅行や読書、イラスト描いたりするのが好きです。

 最近ダイエットしないといけない体型になってきました(汗)。低インシュリンダイエットなど勉強して理想の体型になりたいですね。